ミスココはダイエットをサポートするというサプリメントです。

 

授乳中や妊娠中に使用してもよいのでしょうか?

 

調べていきたいと思います。

 

ミスココは授乳中に飲んでもよいのか

 

ミスココは「ヒバマタ抽出物含有食品」となっています。

 

ヒバマタとは、海藻類の仲間のことだそうです。

 

ですから授乳中や妊娠中に飲んでも問題はありません。

 

でも授乳中というと食べたものがお乳になりますので、赤ちゃんに食べたものが行くということになります。

 

赤ちゃんに影響があるということにつながるので、産婦人科や小児科のお医者さんに相談してから飲まれるのがいいと思います。

 

ミスココを授乳中に飲むメリット

 

ミスココ自体には問題となる成分はありませんが、デリケートな時期ですので授乳中に飲む場合はかならず、かかりつけの産婦人科や小児科のお医者さんに相談してからにするといいですね。

 

ミスココをおススメする人は、脂っこいものやお菓子が好きな人、運動が嫌いでやっても長続きしないという人、健康的にきれいになりたいという人、食事制限が苦手で長続きしそうにないという人、置き換えダイエットなどに向かないという人などです。

 

ミスココは薬ではなくサプリメントなので、いつ飲んでもいいのです。

 

ただ1日に4粒から10粒という量だけは、他のサプリメントや薬と同様、守る必要があります。

 

ミスココは「ヒバマタ抽出物含有食品」となっているので、海藻類から抽出したものです。

 

昆布やわかめなどとよく似たものだと思います。

 

ミスココに含まれるアイディーアルグというものは渇藻類から抽出したフロロタンニンというポリフェノールを豊富に含んだ植物です。

 

これが「ヒバマタ抽出物」になるのかなと思いました。

 

アイディーアルグの他にも、難消化性デキストリンやミスカミスカというものが入っていますが、どれも脂質や糖質の吸収を抑えたり、脂肪を燃焼させたりするものです。

 

また、ミスココにはグアバ茶エキス末、ファベノールフォース、ココナッツオイル、リンゴマックスパウダー、アスタキサンチン、桑の葉末、ギムネマ末、サラシア末、キトサン、杜仲茶末という10種類の美容成分も配合されているのできれいにダイエットできるというのです。

 

ミスココにはカニの成分が含まれているので、甲殻アレルギーの人は注意してください。